読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与えることで愛される男になる講座

与えることで愛される男になる講座は、男性が女性の心を掴み、愛されるようになるために必要な事をシェアしていきます。

もう女性に嫌われたくないあなたへ

あなたは女性に嫌われていますか?
「はい」とは答えづらいですね。
もちろん嫌われていたって死ぬことはありません。
売春婦が世界最古の職業と言われるように、この問題に対する解決策は昔から沢山あります。
現在でも日本ではアニメやAV、 風俗産業は沢山あり、女性に嫌われていたって楽しく過ごせるのかもしれませんね……。

しかしやっぱり孤独なのではないでしょうか?
昨年のクリスマスはいかがでしたか?
なにやらクリスマス粉砕デモというのがあったそうですね(毎年やってるのかな?)。
街でカップルを見ると嫉妬の感情に苛まれることになります。
強烈なストレスです。
家に帰れば暗くて、寒い部屋に1人ぼっちになってしまう。
パソコンやスマホを開けば逃げる場所はいくらでもあります。

でも、そんな自分を情けないと一瞬でも思ったことがあるはずです。
そんな自分を変えたいと思っているあなた。
女性に嫌われないためにやるべきことは沢山あるのですが、普遍的な解決策を一つ。

それは女性の心を知るように努めるということです。
具体的には、男性と女性の性差や考え方、特に心理学的知見、脳科学的な知見を含めた知識を吸収していくということです。
(前回の記事の関連では、何を与えるかを考える際に、相手が何を欲しているのか、相手のことを知らなければいけないと書きました。 )


いくつか引用してみます。

女性は、自分がけっして孤独な存在ではないのだということを確信する必要がある。
誰かから(とりわけ、特定の異性から)愛され、大切に扱われていると実感したいと痛切に願っているのである。
~中略~
ところが、男性はなかなかそんな女性の心理に気づかない。
むしろ、相手のことを思うがゆえに、そっとひとりにしておいてあげるべきだと考える。
あるいは、そばにいて問題を解決してあげればそれでいいと考え、性急に解決策を提示して、彼女をさらに落ち込ませたり、怒らせたり
するのだ。(24頁)

 

 

店にさしいれなどをいただくと、女の子たちは、皆でそれを分け合って食べます。

それどころか、自分の買ってきたお菓子までも分け合 って食べています。

絶対に自分だけ食べるようなことはしません。

「分け合って食べる」=「なかよしでいる」というのが彼女達の絶対
的価値観だからです。(26頁)

 

 

女性脳は、大切な対象に意識を寄せて、ささやかな変化も見逃さず、意図を察して生きている。だから察することが愛情の証だと信じて いるのだ。
~中略~
一方で、男性脳には、本来ここまでの察する機能はついていない。

経験によって培われるオプション機能なのである。

なのに女性たちは 、その「察しなさ」を、愛情の低さ、関心の低さだと思ってしまう。切ないことである。(67頁)

 

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)

 

 

何故、女性の心を知ることが、嫌われたり、非難されなくなることにつながるのか。
こういった知識を身に付けることのメリットは、女心が知れるというだけでなく、次に何をすべきか、自分には何が足りないのかを知るヒ ントになるのです。
その中で、「自分はこんな失敗を犯していたのか」と反省できたり、「こうすればよかったのか」という発見が必ずあるのです。

他にも男女の考え方の違いに関する書籍は多く出版されています。
ここで挙げたものは私が内容に関して質が高いと思ったものなのでおすすめしています。

ぜひ試してみてください。

P.S.
「嫌われている」ことと嫌われている「と思っていること」では問題点が違います。
後者は自意識過剰ということになります。
実際に嫌われていないのに、本人は嫌われていると思い込んでいる場合です。
もっと難しい問題は、実際に嫌われているのに本人はそう思っていない人という場合。